カテゴリー
ストレッチ 生活習慣 食事

なぜ足はむくむの?むくみ改善法もご紹介!!

なぜ足はむくむの?むくみ改善法もご紹介!!

 

こんにちは!

カロリートレードジャパン四日市店

担当トレーナーの加藤です!

 

本日のテーマは

「なぜむくむのか?」

と、その改善法についてです!!

 

「夕方になると足がむくんでくる・・・。」

「飲み会の次の日は顔がパンパン・・・。」

 

↑こんな経験はありませんか?

 

立ち仕事の方は、

足がパンパンで靴下の跡が足首についてる!

なんてこともありますよね・・・。

 

そんな皆様のために、

  • そもそもむくんでいるとはどういう状態か?
  • 具体的な改善方法は?

というところに絞ってお話ししていきます!

 

「むくむ」とはどんな状態か?

 

むくみというのは、医学的には「浮腫(ふしゅ)」といい、

皮下組織に水が溜まった状態のことを指します。

 

脚などを指でぐっと押したときに、

そのあとがなかなか戻らない状態の時は、

身体の中に正常時+5〜10%以上の水分が

溜め込まれているとされています。

 

 

「むくむ」原因は?

 

 

むくむ原因は様々で、

病気などのサインの場合もありますが、

ほとんどは、体質や生活習慣の乱れなどによって

引き起こされるもので、

食生活や運動習慣を見直すことによって

改善されていくケースが多いです。

 

(痛みが伴う、片足だけむくむ場合などは、念のため、

一度病院でのご相談をお勧めします。)

 

では、なぜむくむのでしょうか?

 

 

①血液循環が悪くなっている

 

まず第一に考えられるのは、

「血液の循環が悪くなっている」

ということです。

 

ヒトの体では、心臓からでた血液によって酸素や栄養が

全身に届けられています。

そして、血液は再び心臓に戻っていくのですが、

脚は心臓より下にあり、重力の影響で血液が心臓に戻りにくいのです。

 

 

ふくらはぎのポンプ作用

この時、ふくらはぎの筋肉がポンプのように働き、

血液が心臓に戻る手助けをしてくれます!

 

しかし、立ちっぱなしや座りっぱなしで

あまり体を動かさないでいると、

ふくらはぎがポンプの働きをせず、脚の血液が

循環しにくくなってしまうのです・・・。

 

締め付けの強い補正下着などを身につけている場合も

同様に血液循環が悪くなり、むくんでしまうことも。

 

 

②塩分の摂りすぎ

 

 

食生活では、

塩分の摂りすぎがむくみの原因となります。

 

ヒトの体は、塩分濃度を一定に保とうとする

働きがあるので、塩分を摂りすぎるとそれを

薄めるために水分を溜め込もうとします。

 

塩辛いものを食べた後は、

喉が渇きませんか?

 

そう、あの「渇き」は

「塩分多いよ〜!お水飲んで〜!」

という体からのサインだったんですね!

 

 

アルコール+塩分過剰摂取!?

 

 

「飲み会の翌日は、顔がむくむ!!」

というのをよく聞きますが、これはなぜでしょうか?。

 

まず、想像してみてください。

お酒には、おつまみが付きますよね?

 

ポテト、焼き鳥、枝豆、イカの塩辛など・・・(笑)

こうして挙げてみると、塩分が高いものが多い傾向にありますね。

 

体には、塩分濃度を一定に保とうとする働きがあるので、このおつまみ類の摂取によって、それを上回る水分を体が必要とすることが、一つの原因です。

 

そして、アルコールには利尿作用があり、その作用で尿と一緒にナトリウムなどが排出されてしまいます。

その結果、体はナトリウム不足となり、補うために塩分(ナトリウム)を欲してしまうのです。

 

そして、塩分を摂る→水分が欲しくなる

となっていくんですね・・・。

 

塩分の過剰摂取→水分摂取→水分を溜め込むという

むくむメカニズムが出来上がっていますね・・・!

 

さらに、アルコールの分解には水分が必要なので、

体はより多くの水分を必要とし、水分を摂取してしまうのです。

 

 

むくみ解消に水分を控える!は良くない

 

 

むくんでいる=水分が停滞している

 

ということなのですが、

だからといって水分を控えればいいということでは

ありません。

 

ヒトの体は、約60%が水分でできており、

この割合を保とうとします。

 

水分を意識的に控えてしまうと、

体の中で水分不足が起こり、

「喉の渇き」というサインが出されます。

 

そして、水分を摂り過ぎれば、

体の中の塩分濃度は薄くなってしまいます。

 

むくみの原因は、水分が多いからではなく、

血液の循環が悪くなっているから。

それを改善していくことが、

むくみ解消への道なのです!!

 

 

むくみを解消するのに必要なことは?

 

続いて、むくみの解消法についてです

 

むくみのメカニズムがわかったので、

解消法は、とってもシンプル。

 

「血液循環を良くする」

 

シンプルですが、

これこそ、「むくみ解消法」なのです!!

 

①体を温める

まずは、体を温めることから始めてみましょう。

 

体が冷えると、毛細血管の血液循環が悪くなり、

むくむ原因になります。

 

靴下を履いたり、

夏の冷房の効いた部屋で肌の露出を避けるなど、

体が冷えないようにしましょう!

 

また、入浴時にシャワーだけで済ませる習慣の人は、

湯船に浸かることも効果的です。

 

②カリウムを摂取する

塩分(ナトリウム)は体内に水を溜め込む性質を

持っていますが、同じように水分の調整に関わっているのが

カリウムです。

カリウムは腎臓でナトリウムが再吸収されるのを抑制し、

尿中への排泄を促進します。

 

食べ物では、

ほうれん草、バナナ、アボカド

などに多く含まれています。

 

これらの食品には、カリウムの作用以外にも

こんな嬉しい効果が↓

 

  • ほうれん草は野菜の中でも鉄分が多く、

その吸収を促進するビタミンCも豊富です。

 

  • バナナは食物繊維が多く含まれ、

ビタミンB群も豊富なダイエットの強い味方。

 

  • アボカドは、「森のバター」と呼ばれる脂質の高い食品ですが、

実はこの脂質のほとんどは、体に良い不飽和脂肪酸です。

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

 

 

③適度な運動を取り入れる

お仕事などの関係で

立ちっぱなし、座りっぱなしの時間が

長い方もいると思います。

 

休憩時間には体をグーっと伸ばしたり、

ストレッチをしてみたり、

 

「固まってるなあ〜。」

 

と感じている時こそ、

軽めの運動で体をほぐして、

ふくらはぎのポンプを働かせてあげましょう!

 

 

まとめ

 

 

むくみの主な原因は、

「血液循環が悪くなっている」

「塩分を摂りすぎている」

ということがおわかりいただけたでしょうか?

 

今現在、むくみに悩んでいる方は、

普段の食生活や運動習慣を振り返って

みてください。

 

「水分控えすぎかな・・・?」

 

「いや、塩分摂りすぎ?」

 

「あ、運動不足かな!?」

 

 

まずは、

思い当たったことから順番に改善していきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。