カテゴリー
ダイエット トレーニング 食事

L-カルニチンを摂取して脂肪燃焼!!

L-カルニチンを摂取して脂肪燃焼!!

 

こんにちは!

カロリートレードジャパン四日市店

担当トレーナーの加藤です!

 

本日のテーマは

「L-カルニチン」

について!

 

近年、健康意識の高まりからか、

サプリメントを摂取する人が増え、

薬局やコンビニなど、

身近な場所で多くのサプリメントを目にしますね。

 

その中でも今回は

ダイエットにオススメの

「L-カルニチン」についてご紹介していきます!

 

 

L-カルニチンとは何か?

 

L-カルニチンとは、アミノ酸の一種です。

主に肉類に含まれている成分で、

体内に溜まった脂肪の燃焼をサポートしてくれる

ダイエットの味方です!

 

体内でも合成することができ、

必須アミノ酸の「リジン」と「メチオニン」

を材料として肝臓で合成されます。

 

 

脂肪を使えるエネルギーに

 

 

体内に貯蔵されている脂肪。

実は、そのままだと「使えない状態」なんです。

その脂肪を「使える状態」にするのがL-カルニチンの役割!

 

脂肪を燃焼する「ミトコンドリア」へ

脂肪を運んでくれるのがL-カルニチンなので、

L-カルニチンを十分に補給することができれば

体内の脂肪をエネルギーとしてたくさん使うことができ、

逆に不足してしまうと、脂肪がうまく燃焼されず、

蓄積されてしまう可能性があります。

 

これは外見上の問題だけでなはく、

生活習慣病とも関係してきます。

 

体内に余分な脂肪が増えることで、

血中に中性脂肪やコレステロールが流れ、

動脈硬化を引き起こす可能性も指摘されています。

 

 

疲労をやわらげる効果も

 

 

一時的な疲労は休養すれば改善することが多いですが、

慢性的に疲労を感じている場合は、L-カルニチンの不足も

一つの原因として考えられます。

 

L-カルニチンの不足により、

エネルギーが効率よく作られず、

  • 体がだるい
  • 息切れがする
  • 疲労が取れない

などの症状が出てきます。

 

そこでL-カルニチンを摂取し、

エネルギー不足を解消することで

疲労が軽減すると言われています。

 

 

摂取量の目安

 

日本ではカルニチンの摂取目安量は決まっていません。

しかし、過剰摂取を防ぐために、

アメリカやスイスの摂取目安量を基準に

 

「1日1000mgまで」

 

と定められています。

 

ちなみに、

L-カルニチンは体内で合成できる!

と言われていますが、

その量は平均的な日本人で、

「全体の約4分の1が体内合成、残りの4分の3が食事から摂取」

と言われているので、

体内で作られる量だけでは足りないのです。

 

 

どんな食品に含まれるか?

 

 

L-カルニチンが含まれる主な食品は

  • 赤身の肉
  • 魚肉
  • 鶏肉
  • 牛乳

などの動物性食品に多く含まれています。

 

「肉の色が赤ければ赤いほど含有量が高い」

と言われていて、特に牛肉に多く含まれます。

 

このため、

動物性食品を摂取しない菜食主義者の人は

カルニチンをサプリメントなどで補う必要があります。

 

 

サプリメントを摂取する場合は、含有量を確認

 

 

 

通常は食事から補うことができるL-カルニチンですが、

ダイエット時に食事制限をしている場合など、

不足する可能性があるときは、

必要に応じてサプリメントで補うと良いでしょう。

 

ただし、たくさん飲めばいいというわけでは無いので、

記載されている容量を守り、過度な摂取は避けましょう。

(過剰摂取による、吐き気や下痢などの副作用が確認されています。)

 

 

運動前の摂取で効率よく脂肪燃焼

 

 

ダイエット時のとり入れ方としてオススメなのは、

「運動の前に摂取する」

ことです!

 

L-カルニチンの摂取により

「脂肪がエネルギーとして使える状態」

にしておくことで、

より脂肪燃焼効果が高まると言われています。

 

摂取してから体内に吸収されるまで時間がかかるので、

目安としては、

「運動する60分前」

に摂取しておくと良いとされています。

 

 

継続的な摂取で効果を実感しやすい

 

L-カルニチンは継続的な摂取で効果を

実感しやすいと言われています。

 

毎日一定量を摂取することで、

体内でL-カルニチンの量が高水準でキープされ、

より脂肪燃焼効果が期待できます。

 

運動前に限らず、朝食時など、

習慣化しやすいタイミングでの摂取も

一つのコツと言えますね☆

 

 

慢性的な疲労を感じている方、

ダイエットでより脂肪を効率的に燃焼したい方、

ぜひ、お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。