もう食欲に負けない!?食欲コントロール法をご紹介します!

 

こんにちは!

カロリートレードジャパン四日市店です。

 

当店にダイエット目的でご来店される多くのお客様は、普段の生活習慣が体重増加の原因となっているケースが多いです。

特に多いのが食生活の乱れ。

「食欲をコントロールすることが出来ればこんなことにはならなかったはず・・・。」

そんな方の為に、どうすれば食欲をコントロールができるのかをご説明させていただきます。

 

なぜ食欲が起こるのか

 

 

まず食欲のコントロールは脳の「摂食中枢(空腹中枢)」「満腹中枢」と呼ばれる2箇所で行われ、食欲を抑制する「レプチン」と食欲を増進する「グレリン」というホルモンが食欲をコントロールしています。

 

<レプチン>

食欲を抑制するホルモンのレプチンは、摂食による血糖値の上昇で脂肪細胞が刺激され分泌されます。分泌されたレプチンは満腹中枢にあるレプチン受容体(レセプター)に働きかけ、食欲を抑制します。

また、レプチンは交感神経にも作用し、脂肪の蓄積を抑制したりエネルギー消費を促す働きもあります。

 

<グレリン>

食欲を増進させるホルモンのグレリンは五感の刺激によって大脳を経由して胃から分泌されます。

グレリンが分泌されると迷走神経を経由して摂食中枢(空腹中枢)が刺激され、食欲に繋がります。

 

つまり、この2つのホルモン分泌をコントロールすれば食欲を抑えることができるということになります。

 

レプチンの分泌を活性化する

 

 

レプチンは脂肪細胞に蓄えられており、摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとってくれます。

レプチンの分泌を活性化するには

 

  • 野菜やフルーツを摂取する。
  • 適度な運動をする。
  • タンパク質類(肉・魚・乳製品など)をしっかり摂取する。
  • 睡眠をしっかりとる。
  • ジャンクフードを控える。

この5つを意識して生活するとレプチンの分泌を活性化させることができます。

 

 

グレリンの分泌を抑制する

 

 

グレリンは胃から分泌され、分泌量が増加することで脳は空腹を知らせるシグナルを送ります。

グレリンの分泌を抑制するには

 

  • 筋トレなどの成長ホルモンが出る運動をする。
  • オリゴ糖(バナナや蜂蜜などに含まれている)をしっかり摂取する。
  • タンパク質類をしっかり摂取する。
  • 糖質(穀類や果物など)を減らし、脂質(肉や魚など)を増やす。

 

この4つを意識して生活するとグレリンの分泌を抑制することができます。

 

 

まとめ

 

 

食欲をコントロールする方法についてご説明いたしました。

最近食欲が増している方やダイエットしようと考えている方は試してみるのも良いのかなと思います。

毎日の食生活の中で、実践できるものから始めていきましょう。

 

食欲を制するものがダイエットを制する!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です